新撰組

【映画エッセイ】『燃えよ剣』にハマって京都に行ったら新撰組のヤバさに気づいた話

(by こばやしななこ) うら若き16歳の春、私は新撰組に熱狂していた。 司馬遼太郎の歴史小説『燃えよ剣』のせいだった。 『燃えよ剣』は土方歳三がまだ何者でもない道場に通う若者だった頃から、新撰組の副隊長となって五稜郭の戦いで最期を迎えるまでを描いた作品だ。 かなりのエンタメ小説で、私はすっかり土方 […]