字が下手

【エッセイ】約千五百円で人生が変わった話~一本の万年筆と一冊のレッスン帳が私の字に起こした奇跡~

(by 矢御あやせ) 三十年以上生きていて、「絶対に無理だ」と諦めていたことがある。 それが、字が上手くなることだった。 しかし、奇跡という言葉は本当に起きたことがあるから存在する。 現在、アイデンティティともいえた「字が下手な人間である」ことは覆されてしまった。それも、「千五百円と一時間」で。 そ […]