ひとり

【エッセイ】だれも知らない誕生日

(by 冬日さつき) 八月のおわり、多くの人が「もう夏もおわったな」とつぶやく。わたしはいつも心の中でそれに反論している。わたしの誕生日がおわるまでは、夏はおわらない決まりなのだと。勝手この上ないルールだけれど、これはずっと前からそうなのだ。 小学校のころから誕生日がなぜか偶然登校日になることが多か […]