2022年6月19日

【エッセイ】6万字の愛~小説『愛をくれ』を書いて、今、私が思うこと

(by 安藤エヌ) 2017年に、6万字の小説を書いて文芸賞に応募した。仕事の合間を縫い半年間におよぶスケジュールを立て、自身の半生と向き合い、痛みと喜びを書きなぐった。ここまで長い小説を書いたのは、生まれて初めてだった。 それは物語の中の母親とその娘に、私の過去を追体験させた半自伝的な小説だった。 […]